I.物理学

一般力学

物理学で最も基本となる分野であり、ものづくりにおいても重要な役割を担っています。 物体の運動を、力、位置、時間を用いて記述することが目的になります。

解析力学

解析力学は力学的表現を単純化するものです。 量子力学や統計力学だけではなく、機構解析等実用においても活用されています。

熱力学

物質の状態を定量的に表現するための学問で、 エネルギー収支をベースに構成されています。

連続体力学

物質は分子で構成されていますが、私達の世界では一般に物質を 連続媒質として扱っても差し支えありません。 そのときの物質の状態(変形)について見る学問です。

弾性理論

弾性理論は連続体力学のうち固体論に属するものです。 物質の変形と力が線形関係にある場合について扱います。

流体力学

流体力学は連続体力学のうち、気体、液体を扱うものです。 ここでは、物質の流れを扱います。

II.数学

数の概念

自然数、整数、有理数、無理数、虚数などの分類と、 0、∞、π、eについて見ていきます。

集合論

集合論は非常に抽象的でわかりにくいですが、身近な出来事と照らし合わせると 実生活でもこの考え方が活用できることがわかります。 数学だけでなく、様々なところで活躍できる学問です。

線形代数

線形代数の概念と、具体的な計算について見ていきます。 現在、ベクトル、行列の具体的な計算部分について作成中です (行列の対角化のみ掲載中です)。

ベクトル

ベクトルについて、数学的に厳密な話ではなく、実際の機械設計に必要な範疇で 役立てばよいかな、と考えています。

テンソル

ベクトル同様テンソルについても、数学的に厳密な話ではなく、実際の機械設計に必要な範疇で 役立てばよいかな、と考えています。

フーリエ級数展開

フーリエ級数展開は、任意の関数を三角関数で級数展開したものです。 これが元の関数に収束することの証明について見ていきます。

変分原理

最小作用の原理、フェルマーの定理など、変分原理は物理学における基本原理として捉えられています。 これらをより数学的に一般化したものをここでは載せています。

ニュートン法

多項式の解を近似的に求めます。この方法を用いることで、√2、√3などの無理数の近似解を 求めることが出来ます。

確率・統計学

確率と統計の初歩的な内容について記載しています。

広告

広告募集中
サイズ:150×150

広告募集中
サイズ:150×150

広告に関するお問い合せ

イベント・学会・展示会


学べる探せる設計技術-沐エンジニアリング

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google


技術計算製作所のソフトウエア購入は


Vectorソフトライブラリ/ビジネス

Amazon

技術計算製作所

技術計算製作所

画像をクリックするとpdfが開きます。