IFFT / IDFT使用方法

(1)周波数応答データの入力

下図のようにExcel、csvの解析対象列データをコピーします。 通常、実軸・虚軸データまたは振幅・位相データの2列分が必要になります。 2列同時に選択してコピーしてください。

なお、IFFTの場合はデータ点数に次の制約があります。


(2のべき乗)+1点

(例えば、256点FFTを実行した場合、IFFTで必要になるのは129点になります)


FFTヘルプ

周波数応答データ入力テキストボックスでペーストします。

(手入力でも構いませんが、実軸・虚軸または振幅・位相の2列分を入力する必要があります。 その際、Tab区切りかカンマ区切りのどちらかで入力し、改行を必ず入れてください。 また手入力は大変なのでお勧めしません。)


FFTヘルプ

なお入力データを消去したい場合は、画面を再描画 (f5ボタンを押す、またはブラウザの再読み込みボタンをクリック)するか、 テキストボックス内のデータを全選択し、deleteしてください。


(2)周波数間隔の入力

周波数刻みを入力します。

デフォルトで“1”が入力されています。面倒ならそのままで計算しても構いません。


FFTヘルプ

(3)入力形式の指定

スペクトル入力方法は、次のどちらかを指定できます。

(1)でコピペしたデータの形式に合わせて選択してください。


  • 振幅・位相スペクトル
  • 実軸・虚軸スペクトル

FFTヘルプ

(4)入力データ点数の確認

確認ボタンを押すと時系列データ入力に入力されているデータ点数が確認できます。

IFFTの場合はデータ点数制約があるため、必ずデータ点数を確認してください。


FFTヘルプ

(5)計算実行

すべての入力が終わったら、計算ボタンをクリックします。


FFTヘルプ

エラーメッセージが出た場合は、そのメッセージに従い入力を修正してください。


(6)計算結果

フーリエ逆変換により得られた時系列グラフとともに、指定した入力形式のスペクトル・グラフが表示されます。

(下図は、振幅・位相スペクトル)


FFTヘルプ

時系列の数値データは、「出力データを見る」をクリックすると表示されます。

表示された数値データは、列ごとにコピーしてExcel等にペーストしてご利用いただけます。


FFTヘルプ


参考文献

フーリエ変換は何かしらデータに変動が存在するようなもの、理工学分野以外でも医療や心理学、経済学など様々なところで活用されています。 今までと違った視点でデータ分析ができるようになりますので、いろいろと実際に試してみるのがよいと思います。 本ツールは手軽にフーリエ変換が試せるようになっていますので、気軽に試してみてください。 フーリエ変換に興味が湧けば、下記の関連ページも覗いてみてください。