パラメータを入力し、計算ボタンをクリックしててください。

初期化したい場合は、F5キーを押してください。

IDFT計算(離散フーリエ逆変換)

使用方法詳細はこちらのヘルプをご覧ください。

サンプルデータを準備しておきますのでご利用ください。


1.入力

周波数間隔 周波数応答データ入力
入力形式
-
-
-
-
入力データ点数
<注意事項>
  • 周波数応答データは、y軸のみ入力します(周波数は入力しません)。
  • 確認ボタンをクリックすると、入力データ数が確認できます。
  • データ入力点数は、FFT(DFT)実行時の入力点数Nに対し、N/2+1点必要。
    例えば1024点FFTの場合、513点の入力が必要。
  • 周波数応答データ(振幅/位相 or 実軸/虚軸)は、ExcelやCSVの列データ2列分をコピーし、 入力ボックスにペーストしてください。



参考文献

フーリエ変換は何かしらデータに変動が存在するようなもの、理工学分野以外でも医療や心理学、経済学など様々なところで活用されています。 今までと違った視点でデータ分析ができるようになりますので、いろいろと実際に試してみるのがよいと思います。 本ツールは手軽にフーリエ変換が試せるようになっていますので、気軽に試してみてください。 フーリエ変換に興味が湧けば、下記の関連ページも覗いてみてください。