軸力低下量計算

パラメータを入力し、“計算”ボタンをクリックします。初期化したい場合は、F5キーを押してください。


※青枠は入力必須(数値は半角)


共通項入力
被締結体接合
ヘタリ係数 Z kN/mm
被締結体枚数
計算項目 設定量  なじみ  熱膨張差
ヘタリ設定量 δset μm
※ヘタリ係数はばね定数ページで計算できます。
なじみ
接合部1 座面 Body1 -
面粗度(最大高さ) Rz μm
- -
接合部2 座面 Body1 -
面粗度(最大高さ) Rz μm
- -
熱膨張差
組立時温度 T
使用温度 T
被締結体合計厚さ tbd 5 mm
おねじ線膨張係数 αc1 /℃
被締結体特性
Body 厚さ 線膨張係数
1 mm /℃

(2)算出値


軸力低下合計 ΔFax kN
設定値
 軸力低下 ΔFax2 kN
 設定量 δ3 μm
なじみ・ヘタリ
 軸力低下 ΔFax1 kN
 なじみ量 δ1 μm
熱膨張差
 軸力低下 ΔFax2 kN
 熱膨張差 δ2 μm



参考文献

“ねじ”はありとあらゆる場所に用いられ、非常に重要な機械要素の一つです。 ねじ設計が不適切なら、緩んだり折れたりして大惨事を引き起こしかねません。 (もし車の運転中ホイールのねじが緩んだりしたら、と思うと...恐ろしいですよね)。
本文中でも紹介してきましたが、「ねじ締結概論」は実用的ですぐに設計に役立つ本です。 さらにねじに対する理解を深めるには「ねじ締結の原理と設計」がおすすめです。 また、ある程度の知識を素早く習得するには「ねじのおはなし」が最適かと思います。