サンプリング

Excelでは、分析ツールを用いて既得データからサンプリングを簡単に行うことができます。

それでは、サンプリングについて実際にやってみます。


(1)データ/データ分析/サンプリングを選択


サンプリング開始

(2)サンプリング・ダイアログボックスの設定

各部の詳細について説明していきます。


各部の設定

a)入力元

サンプリングする母集団のデータ入力範囲を選択します。


データ範囲の設定

b)標本の採取方法

周期変化とランダムの2種類があります。


周期変化 周期を10と入れれば、10個おきにデータを取得します。
ランダム 母集団からランダムに標本数だけデータを抜き取ります。

出力先の設定

それぞれの結果については、後ほど示します。


c)出力オプション

データの出力先を決めます。


出力先 指定したセル(先頭セルのみでOK)にデータを出力します。
新規ワークシート 新しくシートを作り、そこにデータを出力します。 入力はシート名になります。
新規ブック 新しいファイルを作り、そこにデータを出力します。

出力先の設定

(3)計算実行

各部の設定

特に標本の採取方法で“周期”を選択した場合、母集団側のセル番号が10セルおきのデータと一致します。


      

参考文献

Excelアドインは、データ分析用のツールがそろっていて便利です。 わざわざ自分で関数やVBA(マクロ)を使って計算ツールをつくる必要がありません。 上手く活用すれば、業務の負担を軽くできます。

関連ページ