4.基本統計量

Excelでは、分析ツールを用いて取得データから平均や標準偏差などの 基本統計量(詳細なパラメータは結果のところをご覧ください) を簡単に算出できます。

それでは、基本統計量作成について実際にやってみます。


(1)データ/データ分析/基本統計量を選択し、OKを押します。


基本統計量開始

(2)基本統計量・ダイアログボックスが開きますので、各部の設定を行います。

各部の詳細について説明していきます。


各部の設定

a)入力元

入力範囲 統計処理を行いたいデータの入力範囲を選択します。
データ方向 縦に変数を入力していれば列を、横に変数を入力していれば行を選択します。

データ範囲の設定

b)出力オプション(その1)

データの出力先を決めます。

出力先 指定したセル(先頭セルのみでOK)にデータを出力します。
新規ワークシート 新しくシートを作り、そこにデータを出力します。 入力はシート名になります。
新規ブック 新しいファイルを作り、そこにデータを出力します。

出力先の設定

c)出力オプション(その2)

出力したいデータにチェックを入れます。 すべてチェックを入れてもかまいませんが、チェックなしは出力データがないため許されません。

統計情報 平均、標準偏差、中央値、範囲、最大最小、標本数などを出力します。
平均の信頼区間の出力 指定した信頼度での信頼区間を出力します。
k番目に大きな値 指定した数番目に大きいデータを取得します。
k番目に小さな値 指定した数番目に小さいデータを取得します。

出力方法の設定

(3)各種設定完了後、OKボタンを押すと結果が出力されます。

結果の表示

コメント


役に立った 役に立たなかった

広告

広告募集中
サイズ:150×150

広告募集中
サイズ:150×150

広告に関するお問い合せ

イベント・学会・展示会


学べる探せる設計技術-沐エンジニアリング

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google


技術計算製作所のソフトウエア購入は


Vectorソフトライブラリ/ビジネス

Amazon

技術計算製作所

技術計算製作所

画像をクリックするとpdfが開きます。