3.共分散

Excelでは、分析ツールを用いて2つの変数間の共分散を簡単に求めることができます。

それでは、共分散について実際にやってみます。


例として3変数x、y、zがあるときの(x、y)(y、z)(z、x)の共分散を求めます。


サンプル

(1)データ/データ分析/共分散を選択


共分散作成開始

(2)共分散ダイアログボックスの設定

各部の詳細について説明していきます。


各部の設定

a)入力元

入力範囲 共分散を求めたい変数の組み合わせを選択します。 今回の場合、3変数をすべて選択すると、(x、y)(y、z)(z、x)の3種類の共分散を算出します。
データ方向 図1のように変数を入力すれば列を、図2のように変数を入力すれば行を選択します。

データ範囲の設定

b)出力オプション

データの出力先を決めます。

出力先 指定したセル(先頭セルのみでOK)にデータを出力します。
新規ワークシート 新しくシートを作り、そこにデータを出力します。 入力はシート名になります。
新規ブック 新しいファイルを作り、そこにデータを出力します。

出力先の設定

(3)計算実行

各種設定完了後、OKボタンを押すと結果(共分散)が出力されます。

出力はテンソル形式で表示され、対角線上は分散が算出されます。


結果

参考文献

Excelアドインは、データ分析用のツールがそろっていて便利です。 わざわざ自分で関数やVBA(マクロ)を使って計算ツールをつくる必要がありません。 上手く活用すれば、業務の負担を軽くできます。

関連ページ