転がり軸受の設計製造は、軸受専門メーカが行っています。 そのため、転がり軸受を一から設計する機会はほとんどないと思います。

よって本項では、転がり軸受の選定方法をと、転がり軸受に密接する部位 (軸やハウジング)の設計方法について説明します。


1.転がり軸受一般

1.1.転がり軸受の種類

転がり軸受には様々な用途に合わせて、数多くの種類があります。

代表的な転がり軸受の分類を図1.1-1に示します。


転がり軸受分類
図1.1-1 転がり軸受分類

また、転がり軸受の代表的なものについて、表1.1-で簡単に説明します。


表1.1-1 代表的な転がり軸受の主な特性
軸受
種類
単列深溝
玉軸受
アンギュラ
玉軸受
針状
ころ軸受
円すい
ころ軸受
スラスト
玉軸受
スラスト
針状
ころ軸受
形状 単列深溝 アンギュラ 針状 円すい スラスト玉 スラスト針
負荷
方向
ラジアル+
アキシアル
両側
ラジアル+
アキシアル
片側
ラジアル
のみ
ラジアル+
アキシアル
片側
アキシアル
のみ
アキシアル
のみ
負荷
容量

高負荷

高負荷

高負荷

高負荷

(<)高負荷
高速
回転

適合

適合

適合

可能
×
不適合

可能
高精度
内輪・
外輪
傾き

十分許容

許容

許容

許容
×
許容せず
×
許容せず
値段
安価
×
高価

安価
×
高価
×
高価
×
高価
取付
など
2個対向させて内部すきまを調整。 軸とハウジングの隙間が大きくとれない場合に使用。 2個の軸受を対向させて内部すきまを調整。
特徴 最も一般的なタイプ。
まずはこのタイプの適用を検討する。
玉と内輪・外輪の接触角が単列深溝玉軸受けよりも大きく設定されている。 複列の場合は両方向のアキシアル荷重を負荷することが可能。 ころは細長い円筒形状をしており、上述の通り薄幅が必要なところで使用する。 複列の場合は両方向のアキシアル荷重を負荷することが可能。 スラスト玉軸受よりも負荷容量大。高さ制約がある場合に有効。

他にも数多くの種類がありますので、詳細は各ベアリング・メーカのカタログを参照ください。



1.2.転がり軸受の構造

転がり軸受の基本構成は、転動体、軌道輪(内輪+外輪)、保持器の3つになります。


(1)ラジアル玉軸受


ラジアル玉軸受

(2)針状ころ軸受


針状ころ軸受

(3)スラスト玉軸受


スラスト玉軸受

コメント


役に立った 役に立たなかった

広告

広告募集中
サイズ:150×150

広告募集中
サイズ:150×150

広告に関するお問い合せ

イベント・学会・展示会


学べる探せる設計技術-沐エンジニアリング

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google


技術計算製作所のソフトウエア購入は


Vectorソフトライブラリ/ビジネス

Amazon

技術計算製作所

技術計算製作所

画像をクリックするとpdfが開きます。