1.誤差論

計測における誤差解析入門
記入日 2013/5/18
ジャンル 工学系/データ分析
充実度 ★★★★★ 難易度 ★★★☆☆
お手軽度 ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★★
コメント:

この本は、計測における誤差だけでなく、ものづくりにおける公差設定にも 非常に有用となる本であり、“誤差”というものの本質を 理解するにはうってつけの本です。

誤差についての正確な理解がなければ、“ものづくり”はうまくいきません。

設計における公差設定、テストによる機能・性能評価、品質保証、 ありとあらゆるところで誤差についての正確な知識が要求されます。 また、そこには確率・統計の正確な理解も必要になります。 これら二つの内容が、懇切丁寧かつ具体例を用いて解説してくれています。


この本で特に秀逸なのは、

(1)誤差の積算(単純積算と二乗和の扱い)

(2)データの最良推定値

に関する理論的な解説です。公差をどのような考えにもとづいて 設計すればよいか?について明瞭な答えを与えてくれます。


本書を読むにあたっては、数式表現に慣れていなかったり、 数学の基本的な知識をが不足していたりすると 少し読むのに苦労すると思います。 とはいえ、数式が苦手な人でも、文書自体は非常に読みやすい本です。 ですので、この本をがんばって読んでもらえば、 誤差についての理解が飛躍的に向上すること、間違いありません。

私が最もお勧めする本の一つです。ぜひ購入して読んでほしい本です。


<目次>

1.誤差解析とは何か

2.実験レポートにおける誤差評価の使い方

3.誤差の伝播

4.ランダム誤差の統計的扱い

5.正規分布

6.データの棄却

7.加重平均

8.最小二乗法によるあてはめ

9.共分散と相関

10.二項分布

11.ポアソン分布

12.分布に対するχ二乗検定

付録

広告

広告募集中
サイズ:150×150

広告募集中
サイズ:150×150

広告に関するお問い合せ

イベント・学会・展示会


学べる探せる設計技術-沐エンジニアリング

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google


技術計算製作所のソフトウエア購入は


Vectorソフトライブラリ/ビジネス

Amazon

技術計算製作所

技術計算製作所

画像をクリックするとpdfが開きます。