1.CAD・CAE

マルチボディダイナミクス〈1〉基礎理論 (コンピュータダイナミクスシリーズ)
記入日 2014/4/22
ジャンル 工学系/CAD・CAE
充実度 ★★★☆☆ 難易度 ★★★★☆
お手軽度 ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆
コメント:

機構解析の手軽な専門書が欲しい、と思い購入しました。 解析力学と線形代数の知識がある程度あれば、十分読みこなすことは出来ますが、 ところどころ「なんで???」と、説明がすっ飛ばされるところがあり、 違和感が残ります(解析力学をちゃんと勉強しておけば問題はありませんが)。 あと機構解析の最も難しいところ(だと思っています)である摩擦についてはかなりプアで、 この本では役に立ちません。

結局、解析力学を実践的に使う場合の考え方を知る、という意味で役立つ本ですが、 コンピュータを利用した機構解析の基本―DADS理論マニュアル の方が、まだ読みやすいかもしれません。ただし、強烈にごっつい本ですし、 摩擦についてはこの本もプアです。


<目次>

1 序論

2 数学の基礎

3 座標と拘束式と自由度の基礎

4 位置と姿勢

5 角速度・速度および角加速度・加速度

6 オイラーパラメータによる姿勢表現

7 仮想変位、仮想速度と変分

8 剛体系の拘束方程式

9 運動学における位置、速度、加速度の解析

10 力学の基本特性

11 力学原理1・ダランベールの原理とラグランジュ方程式

12 力学原理2・仮想パワーの原理とケインの方程式

13 多体系の運動方程式

14 再帰的な方法

15 運動方程式の数値積分法

16 柔軟多体系の解析

17 汎用解析ソフトと解析例

有限要素法入門
記入日 -
ジャンル 工学系/CAD・CAE
充実度 ★★★★☆ 難易度 ★★★☆☆
お手軽度 ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★☆
コメント:

3D-CADの普及とともにCAEも幅広く普及していく中、 有限要素法の基礎をしっかりと身に着けておく必要があります。 この書籍は、その目的を満足してくれるものになると思います。

有限要素法に必要となる行列計算から材料力学の基礎、 そして有限要素法と非常にわかりやすく解説してくれています。 また数式がたくさんでてくるわりには読みやすい本だと思います。

CAEをこれから始める方、あるいは 基礎をおさらいしたい方にはうってつけの本です。

FORTRANはもういらないと思いますが...


<目次>

1.有限要素法を学ぶにあたって

2.有限要素法とは何か

3.有限要素法の数学的基礎

4.剛性マトリックスの概念

5.弾性体の支配方程式

6.有限要素法

7.FORTRAN文法とプログラミング

8.有限要素法プログラム

9.非弾性問題・非構造問題への応用

Amazonアフィリエイト




広告

広告募集中
サイズ:150×150

広告募集中
サイズ:150×150

広告に関するお問い合せ

イベント・学会・展示会


学べる探せる設計技術-沐エンジニアリング

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google


技術計算製作所のソフトウエア購入は


Vectorソフトライブラリ/ビジネス

Amazon

技術計算製作所

技術計算製作所

画像をクリックするとpdfが開きます。