グラフの作り方(その1)

ひとかたまり(すべて連続的に配置)のデータ入力セル範囲を指定してグラフを作成します。

ここでは散布図を例にとって話を進めます。


Step1:グラフ化したいセル範囲を選択

選択範囲のデータは、以下のような形でグラフに対応します。


  • 1列目2行目以降 → 横軸値
  • 2列目以降の1行目 → 縦軸データタイトル
  • 2列目2行目以降 → 縦軸値


Step2:グラフ種類を選択

(1)“挿入”タブをクリック

(2)散布図をクリック

(3)表示させたい種類をクリック



Step3:グラフが作成される




グラフの作り方(その2)

グラフ化したいデータ列が離れている場合のグラフ作成方法です。

ここではB列(横軸)とE列(縦軸)からなる散布図を作成します。



Step1:グラフ化したいセル範囲を選択




Step2:グラフ種類を選択

(1)“挿入”タブをクリック

(2)散布図をクリック

(3)表示させたい種類をクリック



Step3:グラフが作成される




グラフの作り方(その3)

最初に空のグラフを作成し、その後表示データを設定する方法です。



Step1:空の散布図グラフを作成

(1)周辺に何もデータが入力されていないセルを選択


(2)“挿入”タブをクリック

(3)散布図をクリック

(4)表示させたい種類をクリック

(詳細はグラフの作り方(その1)Step2参照)

以上の手順で空グラフが作成されます。



Step2:グラフに表示させるセル範囲を選択

(1)空グラフ上でマウス右クリック

(2)データの選択を選択



データソースの選択ダイアログが開く。



(3)“追加”をクリック

(4)系列名のセル範囲を選択



(5)系列Xの値のセル範囲を選択



(5)系列Yの値のセル範囲を選択




Step3:グラフが作成される




      

参考文献

Excelは手軽に数値計算ができる上に、そのままデータ整理やグラフ化できる優れものです。 また普及率も非常に高く、データの共用化にも有効です。 Excelは多機能で、プログラム要らずでかなりの範囲の数値計算が可能です。 ただ多機能な分、作りこめば作りこむほど他人が見て解読不能なデータとなってしまう場合があります。 関数とVBA(マクロ)を上手く使い分けて活用するのがよいと思います。